FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よかった」探し

おはようございます。
今日もいい天気ですね。


さてさて…
新聞やTVのニュースは、相変わらず暗いニュースが多いもので、
社会人としてあるまじき行為だと思うのですが、
私はあまりニュースを見ないようにしています。

暗い気分になってしまいますので…。

でも、暗いニュースを見ないようにしても、
落ち込むことは多々あるわけでして…

「そんなときだからこそ、明るく前向きに考えなきゃ!」

と、思っていました。

要は「プラス思考」というやつですね。

ただこれは、時々苦しくなってしまいます。
疲れている時、調子の悪い時、
無理に「プラス思考」に考えようとすると、
「プラス思考」に考えられない自分に、
腹立たしさを感じたり…
苛立ってしまったりして、
悪循環になってしまうことがあります。

そんなときに、
和田裕美さんの著書「新・陽転思考」を読みました。

かいつまんで話しますと、
「事実は一つしかない。
 でもとらえ方は二つ。
 悪い面だけだったと捉えるか?
 良い面を捉えるか?」という考え方をします。

著書にこんなエピソードが載っています。

中学受験に失敗した女の子に、
この「陽転思考」を知って実践していた父親が、

「受験に失敗したけれど、でもよかったことは何だろう?」

と女の子に尋ねました。

すると、女の子は、

「滑り止めで受かった中学の方が、制服がかわいいからよかった。」
「滑り止めの中学の方が、自宅から近いからよかった。」
「そして、私が落ちたおかげで、だれか一人合格できるからよかった。」

と言ったそうです。
なんだか清々しくなりますね。

ところが、このエピソードには続きがあって、
なんとこの女の子は、志望校に補欠で合格したそうです。

もちろん、この考え方をしたからだ!と言いきれません。
いろんな要素があったからでしょう。
でも、悪い面だけじゃなかったと捉えることが出来る方が、
幸せになれそうな気がしてきます。

特に、こんな時代ですと、
必ずしも悪いことだけじゃない…

「家族がいてよかった」
「仲間がいてよかった」
「健康でよかった」
「美味しいものが食べれてよかった」

…いいこと探しが、今求められているのかもしれません。

私も、早速実践です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

悪いニュースのほうが、視聴率が取れるんでしょうね・・・
そんな社会は嫌ですね。
素敵なニュースや、嬉しいニュースだけを
扱ったサイトがあればはやるかもしれませんね^^
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。